東京でアパートを賃貸するときの戦略

アパートを購入して賃貸経営をするエリアとして東京は優れています。単身者を中心として都心部での物件の需要が高く、少し中心部から離れて家賃相場が適度なレベルになると夫婦やファミリー層からの人気が高くなる傾向があるのが東京の特徴です。エリアに応じて適切な投資物件を手に入れれば当面は利益を得るのには困らないで済むという安心感があります。需要が高いからこそ初心者でも始めやすいという人気師が広まっていますが、状況も少しずつ変わってきていることは理解して戦略を立てなければなりません。

アパートの需要は確かにあるものの、昨今のデザイナーズ賃貸人気に見られるように入居者が賃貸物件に求めるレベルが高くなってきている傾向があるのが東京です。設備などがあまり整っていなくて古い物件の場合には徹底的に家賃を安く設定しないと入居者が入らないことは稀ではありません。経営を始める時点で気にかけておかなければならないのが家賃設定であり、過去の家賃設定と同じにしても入居者が全くいないという状況に陥る場合もあります。高級アパートについても同様の状況があって、設備や立地などに見合った家賃設定になっていないと見向きもされなくなりがちです。東京の賃貸探しはシビアな視点で行われていることを念頭に置いて、最初の家賃設定で誤らないようにすることが大切になります。これは東京でアパートを購入する時点から言えることであり、利回りがどの程度かを考えるときにはシビアに考えなければならないのです。

安くて利回りが良さそうなアパートを手に入れて賃貸経営をしてきたものの、思っていたようには経営がうまく行かずに困ってしまうということは珍しくありません。いくら需要がある東京であっても立地が悪いとどうしても借り手が見つからないという状況に陥りがちです。売れにくい土地の特徴と問題を解決して売却する方法を知っておくとアパートの立地として選んではならないものがわかると共に、もし失敗したときにも対策を立てることができます。古くて入居者が集まらないというときには一度更地にすることができますが、そこから土地を売る方向に進めるか、本当に賃貸経営を行うのかと考えるのにも役立つ知識です。立地が悪いだけが理由とは限らず、入居者の立場から周辺環境との兼ね合いも考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です