頭金を少なくして東京で行うアパート経営の魅力

アパート経営をするときには通常は頭金をできるだけ払ってローンを少なくし、トータルとして得られる利益ができるだけ大きくなるようにします。しかし、東京で不動産投資をするときにはしばしば頭金を減らして借入額を大きくするというアプローチが選ばれています。現金資産があるかないかにかかわらずこのようなアプローチを選ぶ人がいるのは、東京にある築古のアパートを活用することによって節税を効果的に行える魅力があるからです。所得税が多くて困っているという人がこの方法で不動産投資を行うと大幅な節税ができる可能性があります。

東京には古くから建てられていて法定耐用年数が過ぎてしまっているようなアパートもあります。このような物件を手に入れるメリットは減価償却を短期間で行えることであり、わずか数年に圧縮して減価償却を行うことで効果的に不動産所得をマイナスにすることができるのです。この法的措置を活用すると家賃収入によって現金を少し増やしながら、所得税の軽減によって大きな利益を上げることができます。この際に頭金を減らすのはローンの利子も必要経費にできるからであり、残っている現金資産は他の投資に回すことでさらに利益を生み出すことが可能です。あるいは現金は不足しているけれど所得は高いという人の場合にはお金がなくてもできる節税方法になるのが魅力と言えます。

このアプローチを利用するときに重要なのは減価償却が終わったら速やかに売却して次のアパートを購入することです。売却を急ぐのは減価償却費がなくなると黒字になりやすいからだけでなく、古くなるとそれだけ建物価値が下がってしまって売却損が大きくなってしまいやすいからでもあります。このときに重要なのが迅速に買い手を見つけてくれる不動産会社です。不動産売却の仲介、営業活動報告書の役割と意味という記事を参考にして媒介契約を締結して販売を始めてもらったら本当に信頼できる業者かどうかを判断することが重要になります。もし販売に対して積極的ではないという場合には他の業者に仲介を依頼した方が時間の無駄になりません。売れずに月日が経ってしまうと次のアパートを購入して節税するのが難しくなってしまうので、不動産会社の有能さもよく吟味することが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です