東京のアパートの安全性について

東京のアパートに住むことや経営をする場合においても、その場所が安全であるかどうかがとても重要です。そこでそのアパートが安全であるかどうかを確かめる方法について、またそうあるためにはどうしたら良いのかについてのお話です。

人口が多く人の入れかわりが激しい東京において、アパートは次々と人が入居し退去するイメージがあります。実際に学生や若い人が多く住む地域では、そのようなことが多い傾向があります。ですが、比較的年齢が上の人は、長く住むことがあるようです。東京といっても様々な場所があり、いろいろな事情があります。1つ言えるのはその場所で犯罪や事件が起きてしまうと、住む人がいなくなり空き家になってしまう可能性が高いということ。住む人にとってもそのような所に住みたいとは思いませんね。安全なアパートとは、まずはその地域での治安が良いことが前提になります。周りに住んでいる人の様子やコンビニの雰囲気などから、大体どのような人が住んでいるか予想ができます。最寄り駅からの距離や通る道なども大切です。明るい道であることや、交番があるなどもポイントになります。時間帯によるその地域の雰囲気なども重要で、時間帯を変えてチェックしてみること。またその近くに住む人やお店の人に治安について、犯罪がないかなどを聞いてみることもおすすめです。

日本は比較的治安が良いので、それほど心配することはありませんが、やはりその地域や場所によって軽犯罪などが多くある場所があるので、アパートを選ぶ時には気にしたいものです。そして地域性だけではなく、そこの建物や住んでいる人の雰囲気や人の相で、治安が左右されることがあります。周りにゴミやものが置かれていて汚くなっていたり、郵便物やチラシなどがだらしなく散らかっていたりすると、それだけで犯罪のターゲットになりやすくなります。ブロークン・ウィンドウ理論(割れ窓理論)というものがあり、「割れている窓がある建物は、他の窓も割られる」など治安を悪くするという理論で、実際にこのようなことが起こりやすいといわれています。住んでいる人がだらしなくしていることなどで、治安を悪くすることもあります。そのようなことがないように、周りをきれいに片づけるように心がけることが大切です。補助鍵をつけることや、住民についても女性の一人暮らしということがわからないようにすることなど、自己防衛をすることなども重要になります。アパート経営する上で、そのようなことに気を配ることが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です