長期投資に向く東京の新築アパートの手に入れ方

長期的な不動産投資を行いたいというときに有力候補になるのが東京でのアパート経営であり、新築物件を手に入れることができれば数十年に渡って利益を上げ続けていくことができると期待できます。中古物件も多数流通していますが、築古になってしまっていると建物自体の老朽化が問題になってしまって経営を継続するのが難しくなりがちです。新築であれば建物自体は50年以上は維持できると考えられるため、適切な修繕を行っていけば生涯に渡って経営していくことも難しくはありません。東京を舞台とすることによって安定したニーズのある地域で賃貸経営をできるのもメリットであり、不動産投資としては成功しやすいものになります。

しかし、東京の新築アパートはあまり流通していないことから入手が困難になりがちです。たまたま見つけることができてもデザイナーズ賃貸並みに高額になりやすいのも注意しなければなりません。建物自体が高いだけでなく、土地も高額なのが東京の特徴であり、見つけられたのに十分な予算がなかったという状況に陥る場合もあります。購入方法として建築会社や工務店などからの直接購入をする方法がありますが、不動産会社が代理販売をしていることも珍しくありません。代理契約をして販売されているときには仲介手数料を払う必要がないのが原則なので、その点で資金面で中古アパートを購入するよりも負担は軽減されます。ただし、物件によっては仲介契約になっていて仲介手数料がかかることもある点には留意が必要です。

望むような流通物件が見当たらないというときには東京で土地を探すのも賢明な考え方です。新築アパートを建てるための土地を手に入れて、自分で設計をして建ててしまうことで手に入れることができます。資金的に許されるのであればこの方がその土地のニーズに合わせた間取りの部屋を用意することができる点で経営を安定させやすくなります。長期投資をする場合には入居者を安定させることが重要になるので、自分で分析して確かなニーズのある物件を用意するのは賢い考え方です。既に土地を持っているというときには土地とアパートを両方購入するよりも安上がりになりやすいのもメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です