東京でアパートの購入に重要な点

アパート経営をするために東京で物件を探して購入するときには重要な点があります。これから始めて不動産投資をするというときには利回りが高くて魅力的な物件だと思って購入してしまうことは珍しくありません。賃貸生活をする人が多いのが東京の特徴であり、ワンルームの都心にある物件や郊外のファミリー向け物件であれば確かな需要があるだろうと考えるのももっともなことです。しかし、実際に経営を始めてみると入居者が見つからずにただ管理費用ばかりがかかってしまうという状況に陥ることもあります。東京でリーズナブルな値段で取引されているアパートを選んだときに起こりやすい事態であるということは留意しておかなければなりません。

東京がアパート経営をするには適した地域であるというのは誰もが思いつくことであり、不動産投資をしたいという人がよく目を向けています。そのため、流通している物件のほとんどは売れ残り物件になっていて、少し目の肥えている人が見れば収益性がないと判断されるものが多いのが事実です。それを魅力のある物件と判断して購入してしまうとアパート経営が立ち行かなくなってしまうことがよくあります。好立地であっても周辺の治安が良くなかったり、設備が整っていなかったりしてほとんど入居者がいないという状況になりやすいのです。リフォームやリノベーションを必要とするほどになってしまっているアパートも東京には多く、それを念頭に置いた資金を準備しておく必要がある場合もあります。

もしもう既に購入しててしまったという場合には売却を検討することも重要です。たとえ価値が下がってしまっていて売却損が生じるような場合であっても、マイホームを売って売却損(譲渡損失)が生じた場合の対処法と特例を参考にすれば損失は最小限に食い止めることができます。譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例を活用して確定申告をするのを当面は忘れないことが肝心です。すぐに手放した場合には買値と売値がほとんど同じになり、売買にかかった諸費用を考慮しても損失はそれほど大きくならずに済むのが一般的です。長期的に保有してしまっていると損失を大きくしてしまいがちなので、購入時点で誤ったと気づいたら思い切って速やかに売却するのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です