東京赤羽橋でのアパートの経営

東京の赤羽橋でアパートを貸すときには礼金、敷金または補償金を家賃のほかに請求しています。これらは地域での需給関係や習慣などによってまちまちですが、それらの意味について知っておくことが必要です。礼金というのは入居時に入居者が家主に謝礼的意味で支払う、金額で法律上の根拠があって請求できるのではなく東京の赤羽橋での、需給関係によるところが大きくなっています。借家契約は貸主が家を貸し、借主が賃料を支払うという約束ができれば成立します。それ以外の金銭の支払いの授受は、貸主と借主の合意により行われているのが、現状になっています。
昔は権利金という言葉が一般的で今でも貸店舗、貸事務所では通用していますがこの場合は賃借人が賃借権を他人に譲渡、転貸すする、事前の承諾料の法的な性格をもつものとされていますが借家では、地代家賃統制令の制定から家賃を制限されたときに敷金以外の授受は禁止されたことにより、礼金に変わったといわれています。現在でも公的資金を利用しての賃貸住宅建設では、敷金だけで礼金は民間アパートに限られています。礼金は契約書には書いてないので慣習に従って支払われていて、家賃の1か月、2か月分が東京の赤羽橋には、多く見られています。なお敷金と異なって税法上はアパート経営の場合収入に計上します。
敷金というのは家賃の滞納、不払いがあった時の引当金、その他債務を担保するために賃貸借契約成立の際あらかじめ家主に交付する金銭であって、保証的な性格を持っています。ですから賃貸借契約が終了する場合には、賃借人に債務の未払いがない限り返還するものとされています。その結果アパート経営では税務上の収入とはみなされず、収入には計上しませんが確定申告時の不動産所得の記入欄には、敷金の年末残を記入することになっています。一般に敷金は退室時に賃借人の責任による貸室の損傷があれば、その損害額を差し引いて精算する目的とされています。ですから契約期間中における家賃の未払いに充当してほしいとの申し出があっても、応ずる必要はありません。敷金は通常家賃の2か月ないし3か月分など地域の慣習によっています。また契約を更新したときに家賃の値上げを行った時、敷金においても新家賃との差額についてその不足分を徴収しなければなりません。最近の賃貸では設備が完備されてきたので、貸室の損傷分を補うには不足がちとなる傾向が見られますから礼金を少なくしてでも敷金を多くするほうが、よくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です