東京で売値が安いアパートと都市計画法の関係

売値に影響する?不動産の売却と「都市計画法」の関連性

東京でアパートを売却する場合、安い売値を余儀なくされる場合があります。東京の賃貸物件が安い売値を余儀なくされる場合は、都市計画法が関係していることがあります。都市計画法は、都市計画区域や市街化区域、市街化調整区域に関する定めが記載されている重要な法律です。その中で、東京でのアパート売却に関係するものとして、市街化調整区域に関する規定があります。東京では都知事が定める都市計画区域は、市街化を積極的に進める市街化区域と、市街化を抑制する市街化調整区域に区分される場合があります。現在は、市街化調整区域内にアパートを建築するのは無理な場合がほとんどですが、規制の緩い時期に建てられた賃貸物件は、売却時に安い売値を余儀なくされる場合があります。

都市計画法では、地区計画に関しての規定があります。地区計画は市街化区域の用途地域とは別に定められ、その地区だけの特別の規制がかけられます。従前は地区計画が定められていない地域で、新たに地区計画が定められた場合、アパートの売却価格に影響を与える場合があります。地区計画が定められた場合は、建て替え時にこれまでと同じ規模の物件は建たない可能性があります。しかし、居住環境は従前よりも改善されるので、必ずしも売却価格が安くなるとは限りません。すでに建物が建っている地域で都市計画法や建築基準法の改正があり、従前の建物が規制に適合しない場合でも、すぐに違法建築となる訳ではありません。現行の基準と異なる建物は、既存不適格建築物として区分されますが、違法ではありません。しかし、建て替え等が行われる場合は、現行の基準が適用となります。

都市計画法には都市計画道路の規定があります。都市計画道路に指定された敷地でも、実際の工事施工年度が定まっていない場合などは、木造の2階建て程度の建築物は建築が可能です。しかし、事業年度が今後2年以内と確定した場合は、建築物の建築はできなくなります。そのような敷地に建つアパートは、売値が安くなることが予想されます。賃貸物件の価値は、その敷地に適用になっている都市計画法や建築基準法に影響されます。賃貸物件の経営をする場合は、土地と建物の価値に大きく影響する、都市計画法と建築基準法に関する知識を得ておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です